FF11 Cerberusサーバー(蹴鯖)のバリスタに関する日記。ゴールデンタイムで1チーム12〜20人程度で開催されています。記事の内容は、特に記載がない場合は60制限で上記の人数程度についてのものです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近のあれこれ
久々の更新です。
忙しくてなかなか試合に出れませんが、コソコソ活動はしています。

試合の感想については、最近あまり書くことが無い感じです。
バリスタで起こる事象は一通り体験してしまったからかも知れません。

とりあえず最近の戦績から、

9月: 2勝3敗1分
青/シを始めてみました。回避、とんずらによる生存能力アップ、「ぬすむ」によるルーク妨害と玉確保を両立しやすいのが魅力です。一方、特定ジョブに目をつけられると無力化させられやすいのが弱点でしょうか。不意打ち&ぬすむを忘れがちなので、慣れないといかんですね。

10月: 1勝0負0分
勝率100%w忙しくて参加できない月でした。

バージョンアップで色々とバリスタに影響はありそうですね。
ジョブ関係では、召喚、獣、狩の変更。
特に召喚が大化けしそうです。イージーな強ジョブにならなければ良いですが・・・。

装備関係では、なんかマテリアみたいなやつとか、練成?やらなんやら。
オーグメントと合わせると、個々のキャラ性能にだいぶ差が出そうです。

まあ楽しくやっていきましょう。
スポンサーサイト
逃走術
今日のテーマは「逃走」についてです。

バリスタはペトラのシュート数を競う競技です。
故にペトラを堀り、GBがつけばシュートをするというのが基本です。
まあ、言うまでも無いことですね。

では、GBと十分なペトラを確保しているときに、相手にタゲられたらどうすればよいでしょうか。自身が相手の足止め手段をもっているならば、狙ってきた相手を足止めして逃げる、若しくはその間にシュートするというのが普通でしょう。味方に足止めや回復の援護を要請するのも勿論アリでしょう。

では、自身に足止めの手段が無く、味方の援護も望めないような場面ではどうでしょうか?
試合中に良く見られる光景としては、①狙ってきた相手と戦う②遠くに引っ張って死ぬといったところでしょうか。

ところで、足止めを行わずに相手のオートアタックから逃げ切ることは可能でしょうか?
タゲをロックされていた場合、相手は自分の位置との最短距離を移動してくるので、蛇行して逃げても、振り切ることは通常出来ません。キャラの移動速度は、基本的に皆同じなので、直線的に逃げても延々オートアタックを受け続けてしまいます。
ただし、これは逆に言うと、一歩、二歩でも追っ手との距離を稼ぐことができれば、逃げ続けることが出来るということでもあります。
では、どのようにしてその数歩を稼げばよいのでしょうか?
前置きが長くなりましたが、ズバリ「相手を地形に引っ掛ける」ことで相手の攻撃から逃げ切ることが出来ます。

タゲロックをされている場合、適度なサイズの障害物の外周に沿って旋回したり、鋭角の急転回を上手く行うことによって追っ手との距離を引き離したり、地形に引っ掛けることが可能です。これらは、タゲロックの際、ターゲットとの最短距離を移動したり、横移動が遅いことを利用したものです。
具体的にはジャグナーのOPの外壁に沿って移動→切れ目で急転回をしたり、パシュハウ沼では岩の外周を旋回移動したり、山では植物を利用するなどです。

逃げてシュートしているだけでは試合に勝つことは出来ませんが、戦って貴重なペトラを潰されてしまっても当然勝つことは出来ません。
時には、敵や主戦場から背を向け一目散に逃走するという選択肢も持っておくと良いのではないでしょうか。

スプリントで追われたり、途中で足止めをされた場合はアウトですが、敵数人を撒いてシュートに持ち込めることもあります。是非お試しを。

無題

味方に援護を求める
乱戦傾向の試合展開では、どうしても両チームに大きな被害が出ます。
その中で勝敗を決するのは、限られた攻防のソースを活用して
①如何に敵のGBペトラ持ちを潰して、②味方のGBペトラ持ちを生かすかということに集約されるでしょう。

①は当然出来て然るべきですが、以外に②についての意識はあまり高くないように思えます。そこで今日は②について少し書いてみたいと思います。

要は「味方のGBペトラ持ちを把握して、回復や援護を集中できるようにしましょう」ということです。

そのためには、一つは味方を/checkしてペトラ状況を把握するという方法もありますが、これには限界があります。
最も良いのは、GBやペトラを大量に抱えている人が自主的に味方に報告して、積極的に回復や援護を求めることでしょう。
複数の敵に狙われていても、しっかり報告することによって回復や足止めの援護が飛んできて、シュートに持ち込めるケースは結構あります。
GB10とかで報告すると、ガンガン援護が飛んでくるので面白いですよw

以下のように、報告に適したマクロも存在します。

<gatebreach>でGB状況によってONかOFFの文字を表示。
<petra>で所持ペトラの数を表示。

この2つの代名詞を組み合わせて下記のようなマクロを組むと良いでしょう。

←←← ペトラ:<petra> GB:<gatebreach>

これで簡単に自分のGBペトラ状況を報告することが出来ます。
別PTのGB状況を把握して、押すか引くかの判断をする指標にもなるでしょう。

マクロ枠がもったいない人は、PCに辞書登録しても良いかもしれません。
自分は p 「変換」で上の文字列が出るように仕込んでいます。

普通の文章を書くときに鬱陶しいこともありますがw

6月の戦績は6戦して3勝3敗。
もうすこしペトラ数、MP状況に応じてメリハリのある行動を心がけたいところです。

そろそろ
2月-3月は全くログインできませんでしたが、
そろそろ復活しようかなと思っています。

仕事が忙しいやら、引越しやらでだいぶ間が空いてしまいました。
それから、久しぶりに別ゲーなどもプレイしていました。
「デモンズソウル」というゲームなのですが、仕事に支障がでるくらいw
ハマッてしまいましたw。
PS3をお持ちの方はオススメですよ。

おかげで操作感覚がかなり混同してしまい、まともにFFのキャラを動かせずw
しばらくカンパニエなどでリハビリしてからバリスタにも戻りましょうかねー。

バリスタといえば久しぶりにジョブ調整があるそうで。
白魔のアビ、ハートオブなんちゃらってのはかなーり良いのではないでしょうか。
回復にストンスキン効果をつけられるみたいですね。
白の回復を封じないと、なかなかGBが取れないみたいな駆け引きが
生まれれば面白いですね。
フルチャージホーリーも【楽しみ】

基本的に回復が厚くなると試合内容が濃くなるので大歓迎です。
一月の戦績
一月はリアルで忙しい日が続き、なかなか満足にバリスタが出来ませんでした。
住居の引越し&回線の変更があるため二月も半ば頃までログインできそうも無く、すごく悶々としておりますw

さて、今年の目標は、月ごとに勝率を記録していくことです。どこまで続くか分かりませんが・・。

一月の戦績は、6戦で4勝2敗(たったの6戦!)。

まあ勝率で言うと66%ですが勝率を出すならせめて10戦はしたいところですね。
自身の勝率への影響力などたかがしれているので、50%を超えていければ御の字だと思っています。個人の動きはもちろんですが、大人数戦では特にペトラやルーク報告などで、味方全体の戦力を底上げする形で貢献していきたいところです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。