FF11 Cerberusサーバー(蹴鯖)のバリスタに関する日記。ゴールデンタイムで1チーム12〜20人程度で開催されています。記事の内容は、特に記載がない場合は60制限で上記の人数程度についてのものです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2/28 60制限メリファト山地
自軍:ナナ戦狩狩暗赤黒黒白青
VS
敵軍:ナ戦忍(sj詩)狩狩侍暗赤黒青青 3セット目は狩1人が赤に変更

11VS11 白と黒が多い自軍がやや有利といったところでしょうか?
いまだに山は上手く戦えません。戦闘そのものより、ルークの発見や位置取り、得点への意識といった戦略的要素の方が重要だということは何となく分かります。
自軍は白の回復強化で身を固め、黒の爆撃で削っていこうという大まかな作戦。私は、沼につづき青魔法のリフレセット+バミクロで参戦。

敵軍は、前衛の突進力で一気にこちらを霧散させてしまおうという作戦だったのでしょうか?

1セット目、体勢が整わないうちに敵が総攻撃をしかけてきてあせる。味方数人がたおされ、かなり押されたまま戦闘が進みました。
勝敗を分けたのは、自軍のルークの位置の把握の早さと、位置取りの正確さだったように思われます。

「この位置はハマる」
「ルーク移動前に道を横断したほうがいい」
「この位置なら次のルークとれる」

などという声が飛んでおりました(私には何となくしか理解できませんがw)
終始押されながらも、うまくルークを背にできる位置に陣取りシュートを重ねた結果4:0で完封勝利。ただ、1,2セット目は接戦だったのでそれほど圧勝だったという感覚はなかったです。

個人的には、なるべく前線で敵の攻撃を積極的に受けるようにして戦線の維持を意識してみました。バミクロを着ているといつもの倍くらい敵が襲ってきますw

今回注目したのは、自軍のガル狩(サポ戦)
ガルカの倒されにくさを生かして、バーサクからの一撃必殺を量産していました。敵のタルタルが「乱れうち」で即死したときは自軍でも何が起きたか分からないほどでしたw
この方は、最近の試合で得点王を独占しています。敵に回した場合は、忍者の弱体忍術や、ナイトのフラッシュ、暗黒のアブゾタックをてんこ盛りにしたほうがよさそうですね。青?私はデモラでも・・w
shibireru001.jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うはw寝る前に拝見しましたら自分のことがw今後もズキュゥゥンとGBを取ってチームに貢献したいものです。あと弱体は【やめてください。】
2007/03/02(金) 01:41:09 | URL | 某ガルカ #-[ 編集]
戦闘は録画して酒の酒の肴にしてたりします。萌えつきるほどヒートなプレイ希望ですw
2007/03/03(土) 02:15:35 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。