FF11 Cerberusサーバー(蹴鯖)のバリスタに関する日記。ゴールデンタイムで1チーム12〜20人程度で開催されています。記事の内容は、特に記載がない場合は60制限で上記の人数程度についてのものです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3/30 60制限沼山
ようやくリアル引越しも済んで、腰を据えてFFが出来そうです。まぁ4月からまたすぐに忙しくなるのは確定的ですが・・・w

試合を記録する方法が確定しておらず、記事の内容に精度を欠くのはご容赦ください。GameCamというツールで記録してみようと目論んでおりますが、イマイチ使い方が難しく今日のところはパス。使い方が分かってもPCの性能が追いつかなそうですが・・・。

今日は沼と山を2戦してきました。普段は後衛が多めなのに今日に限って珍しく前衛だらけの試合でした?皆の血の気がリアル月齢にでも影響されているのでしょうか?w
60制限パシュハウ沼
15VS15くらい?編成失念。自分は青/ナで参加。

久しぶりなので色々とドジってしまいました。
PCとプレステだと微妙に操作感覚が違うんですと言い訳をしてみたり・・w
がんばって作り直したマクロにスペルミスが混ざっててチャンスを潰してしまったこともありました。

試合の最終スコアは250:300くらいで敗北。スコアだけみると接戦だったようにも見えますが、実際はかなり大敗した気分でした。
ぶつかり合いでは常に自軍が押される形になり、折角占拠したルークを放棄してしまう場面もありました。
自軍としては、もう少し敵の黒などから潰していけば良かったようにも思えますが、敵軍の前線構築の分厚さや捕獲からの瞬殺は見事なもので残念ながら自軍より一枚上手でした。
私が開幕に即死しなければもう少し点差は縮まっていたカモ@v@

60制限メリファト山地
15VS15くらい?編成失念。自分は青/ナで参加。

沼よりもさらに前衛が多く、私はバミクロ+オートリフレセットでヒーラーに徹しました。この時の回復力はかなり高いです。
前線で「いやしの風」を発動させることによって、前衛が息を吹き返し、前線がグイグイ上がっていくのを見るのは良いものです。
自軍の前衛の方が圧力が上だったらしく、1セット、2セット目はGBの取り合いで勝利。
3セット目もこの勢いで行けるかと思いましたが、上手く谷を挟んで自軍後方のルークに回りこまれてしまい、またその後も敵軍に有利な位置に陣取られてしまい敗北。2つのルークの索敵の速さと、集団での移動の精度は敵軍の方が上手だったようです。
得点王も敵に渡り2-2の引き分けとなりました。

最近は少し前線にでると、アシッドボルトにアスピル、サイレスなどがてんこ盛りで飛んできます。マークされているのカモられているのか・・・w
ともかくもう少しサポにバリエーションをつけて参加しないと皆あっさり対応してきますね。さすがです@v@

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。