FF11 Cerberusサーバー(蹴鯖)のバリスタに関する日記。ゴールデンタイムで1チーム12〜20人程度で開催されています。記事の内容は、特に記載がない場合は60制限で上記の人数程度についてのものです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バリスタにおける青魔導師
ブログの更新に不慣れなWittmannでございます。

自分は主に60制限バリスタに青魔導師で参加しています。
ここでは、バリスタにおける青魔導師について、個人的な考察でも書いてみたいと思います(ちなみに、無制限にバリスタは他の制限と別モノらしいので、当ブログでは除外します)

まず青魔導師の基本スペックについて。


片手剣スキルA


各種青魔法 物理攻撃魔法
         範囲攻撃魔法
         自己強化魔法
         弱体(足止め)魔法
         回復魔法

以上をメインの能力として持ちます。一言でいうと暗黒騎士と赤魔導師を足して2で割ったような性能で、一通りのことはメインの能力だけでこなすことができます。 弱点は、ジョブスペックを支えるために必要なMPの確保の手段(魔法、ジョブ特性、アビ)に乏しいこと、各種魔法の射程が短いことです。

次にサポジョブについてですが、青魔導師はメインの能力で大抵のことは出来るので、サポの選択肢はかなり広いと言えます。個々のサポジョブ考察については次回に持ち越しますが、青魔導師は魔法のセット、サポ、食事、装備、立ち回りを変化させることによって全く別ジョブのような働きが可能です。編成や戦況に応じて戦術を変化させてみたり、ある目的に特化して遊んでみたり出来る、それが青でバリスタに参加する上での最大の魅力であると自分は考えています。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。