FF11 Cerberusサーバー(蹴鯖)のバリスタに関する日記。ゴールデンタイムで1チーム12〜20人程度で開催されています。記事の内容は、特に記載がない場合は60制限で上記の人数程度についてのものです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワーロックマント
ワーロックマント
防2 潜在能力:ファストキャスト効果アップ
Lv30〜 All Jobs

60以下の装備の中で、赤のAF頭を除いて唯一ファストキャスト効果アップの表記のある装備。

敵に攻撃されるよりも早く大魔法の詠唱を完了させたい黒魔
敵に範囲外に逃げられるより早く魔法を発動させたい青魔
味方が倒されるより早く回復魔法を飛ばしたい白魔
etc...

などにとても魅力的な性能に見えます。
レアリティの高さにより入手が困難ですが、性能が気になっているバリスターは(少しは)いるのではないでしょうか?

最近、ワーロックマントを競売で安く入手することができたので、性能について検証してみました。

まず、ファストキャストのおさらいを。
ファストキャストは赤のジョブ特性で、LV15,35,55で段階的に魔法のキャストタイムを短縮することができます。また、魔法のリキャストタイムも短縮されます。
以下にFC(ファストキャスト)の段階とキャスト、リキャストタイムの短縮の割合をまとめてみました。

    レベル キャスト短縮 リキャスト短縮
FC1 赤15  10%    5%
FC2 赤35  15%    7.5%
FC3 赤55  20%    10%
リキャストタイムの短縮は、キャストタイムの短縮の割合の半分に設定されているわけです。


さて、ワーロックマントの話に戻ります。

まず、潜在能力の発動条件はサポが赤であることです。この時にワーロックマントを装備すると+αのファストキャスト効果アップが得られるわけです。

次に、ファストキャスト効果アップの割合はというと・・・。
これは、キャストタイムを計測することは不可能ですので、魔法のリキャストタイムの短縮時間から逆算して求めることになります。

検証に使用したジョブはLV72青/赤(特性でFC2がついていることに注意)。
魔法はジェタチュラ(リキャストタイム120秒)を自爆で衰弱状態にして240秒にして計測しました(リキャが長い方が正確なデータになるため)。

・ワーロックマント無しの場合
リキャスト短縮18秒。18/240*100=7.5
つまりリキャスト短縮7.5% キャスト短縮15%とFC2の表記通りの結果になります。

・ワーロックマント装備時
リキャスト短縮20秒。20/240:100=8.33
リキャスト短縮8.33% キャスト短縮16.66%になりました。ここからジョブ特性のFC2の分を引くと・・・
キャスト短縮1.66% リキャスト短縮0.833%がワーロックマントのファストキャスト効果アップの性能です。

計測値の誤差範囲(?)について
衰弱中のジェタチュラのリキャストタイムの短縮が仮に19秒だとすれば、マントのキャストタイム短縮は0.8%となります。また、仮に21秒だとすれば2.5%になります。
したがって、リキャストタイムの短縮が20秒であったということは、
0.8%<ワーロックマントのFC効果(%)<2.5%と言う事もできます。もっとリキャストの長い魔法であれば正確なデータがとれるのですが、今回はこれで限界w

結論
ワーロックマントのFC効果アップは1.66%±0.83%

バリスタで他の背装備を捨ててまで装備する価値があるかというと・・

超w微w妙w

少なくとも私はネタ以外では使うことは無いでしょう。
さっそく売り飛ばしたいけど、なかなか売れなそうな予感がするのは確定的。使ってみたいという方がいれば、私の競売の落札金額と同額でお譲りしますw。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。