FF11 Cerberusサーバー(蹴鯖)のバリスタに関する日記。ゴールデンタイムで1チーム12〜20人程度で開催されています。記事の内容は、特に記載がない場合は60制限で上記の人数程度についてのものです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バリスタ青魔法6 「デスシザース」
第6回「デスシザース」

近接物理系青魔法
消費MP 51
詠唱 0.5秒
最詠唱 24.5秒
セットポイント 5

TPダメージ修正(STR_60)。

いつぞやのバージョンアップで「デスシザーズ」→「デスシザース」に名称が変更になりました。
どうでもいいですね(´・ω・`)

使用上の注意については以下のとおり。


60制限バリスタで最強の威力を誇る近接物理青魔法です。

ただし、「デスシザース」はLV75付近まで威力が成長しつづける魔法なので、習得レベル(LV60)での威力はかなり控えめになります。
そのため瞬発力の高さに対して、燃費という点ではあまり良くないと言わざるをえません。
セットポイントが5というのもかなりの負担になります。セット魔法をいじってみれば分かりますが、デスシザースをメインの近接物理魔法の魔法としてセットした場合、オートリフレか他の必須青魔法のいずれかを諦めざるをえなくなってしまいます。場合によってはMバイトやシックルスラッシュで代用しても良いでしょう。

さて、肝心の威力についてですが。デスシザースはただ撃つだけではとても弱いです。普通に150前後のショボイダメがでますw
しかし、魔法のダメージの修正値がSTR60と高く、TPによる補正も高いため、

①BC(ブルーチェーン)を併用して撃つ
②STRをブーストする。
③TPを貯めてBCを使う。もしくはアジュールローと併用。

①②③の条件を満たしていくごとに威力が大きく化けていきます。特に①は重要で350-400前後のダメージは期待できるはずです。
個人的に「炸裂弾」での足止めからのBCデスシザース→ジェットストリーム+味方の追い込みは、GBに持ち込みやすいパターンの一つだったりします。

次に連携属性についてですが・・。
物理系青魔法はすべて、BCと併用することにより連携属性を持たせることができます(トスでも〆でも)。
「デスシザース」の連携属性は「収縮」と「振動」の2つで、前者の方が優先になります。この2属性はバリスタではかなり有利(なハズ)で、60制限で使用される多くの主力WSを〆として連携を作ることができます。
具体的には・・・。

デスシザース→サイドワインダー【貫通】
デスシザース→ボーパルブレード【衝撃】
デスシザース→雪風【硬化】
デスシザース→ギロティン【硬化】
デスシザース→迅【衝撃】
デスシザース→乱撃【衝撃】
デスシザース→アースクラッシャー【衝撃】
etc...

などです。

連携〆も出来ますが、青魔法の仕様上、実戦では連携トスに限られると思います。上記の連携を食らって無事な敵兵はいないハズなので、アタッカー様には是非狙って欲しいところです。

ところが、実戦では一度も連携として成立したところを見たことがありませんw
青魔法連携の認知度が低いのか、デスシザースのエフェクトが地味なのか、はたまた私のタイミングが悪いのか?
ともかくバリスタで連携を決めるとテンションがウナギ上りにになったりします(゜∀。)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。