FF11 Cerberusサーバー(蹴鯖)のバリスタに関する日記。ゴールデンタイムで1チーム12〜20人程度で開催されています。記事の内容は、特に記載がない場合は60制限で上記の人数程度についてのものです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近のセット魔法
青魔導士をやってみようというバリスターから問い合わせがあったので、最近のセット魔法でも紹介してみようと思います。

編成や、趣味によって色々とセット魔法を変化させていけるのが青の面白さの一つですが、私のコンセプトは、「なるべくどんな状況にも対応できるバランスの良い魔法セット」です。
勿論、色々といじることもありますが、基本は以下のとおりです。

特に面白みも無いですが、青の初心者にもオススメできます。
オートリフレをつけているのが特徴のひとつです。
セット魔法枠がかなーり圧迫されますが、それでもやはりMPあっての魔導士です。

リフレセット以外の魔法枠には、低燃費でなるべく効果の高い魔法を選んであります。
少々物足りないですが、期待される最低限の立ち回りはできるといった感じです。

60制限の青のSP上限は35

・自爆         SP4
・コールドウェーブ  SP1
・スティンキングガス SP2 
・フライトフルロア SP2
・贖罪の光 SP5
-----------------------ここまでがオートリフレ(SP合計14)

・ヘッドバット    SP3
・Mバイト SP2
・ジェットストリーム SP4
・クローサイクロン SP2
・炸裂弾 SP2
・コクーン SP1
・いやしの風 SP4
・マジックフルーツ SP3
-----------------------合計SP35

MPに比較的余裕があるため、回復にかなりのMPを回せます。
また、炸裂弾と物理魔法を起点にして、一気にGBを狙っていくこともできるでしょう。

弱点は、青の一つの見せ場であるルーク攻防戦での決め手に欠ける事。
バトルダンス(SP3)連発や、ヒッププレス(SP3)の一撃必殺なども魅力ですが、残念ながら
このセットだと組み込む余地はありません。
ルーク妨害では、やむなくフライトフルロアやコールドウェーブなどで代用することになります。

まあ、長いこと青でバリスタに参加していますが、試行錯誤のネタは尽きなかったりします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。