FF11 Cerberusサーバー(蹴鯖)のバリスタに関する日記。ゴールデンタイムで1チーム12〜20人程度で開催されています。記事の内容は、特に記載がない場合は60制限で上記の人数程度についてのものです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/29 60制限、沼山
28日に仕事収めということで、朝からのバリスタに参加してきました。
年末年始は、9連休という破格の大型連休でwktkです。

今年は自分にとって、とても良い年でした。
来年も良い年になることを願って・・・。

バリスタには色々な変化がありました。
鯖移動解禁、両手武器の修正、新ジョブ実装。
戦闘の動画を撮影する人なども現れ、自分や他人の動きをじっくりと観察する機会もありました。動画撮影はやってみたいけど、今のPCじゃどうにもならなそう。バリスタ動画のためにPCを新調するの微妙なところです。

個人的には60制限で使える個性的な装備がもっと欲しいのと、どうにも使い物にならない青魔法達をなんとか修正してもらいたいところです。

青でばっかり参加していましたが、来年は他のジョブでも参加してみようかなぁっと。
60制限パシュハウ沼

16VS16(くらい?)
敵軍:白白赤赤コ
自軍:白白赤学 自分は青/ナで参加

両軍ともに狩3くらいいてサイスラの即死系バリスタ。
敵チームにはコルセアがいるのでさらにそれが加速。MP回りも不利な編成。

両軍一進一退。回復のヒマもなくサイスラで死傷者多数。
しかしながら編成差のわりにはなんとか互角に戦えている印象。

15:00 自軍背後にルークが沸き、GB即シュート。さらに移動した敵を追撃してさらに点差を広げる。

18:00 敵側(北)にルークが2個沸き、逆にピンチ。士気が結構高まっていたので、ルーク1個を落とそうということになる。敵が陣取っている場面でのルーク攻略は上手くいかないことが多いのですが、おとり部隊と、声出しのおかげで1個のルーク制圧に成功でピンチ脱出。

15時の時の点差を維持できたため、ラストルークは1つを確保して時間消化。終わってみれば100点近くの差で勝利。
学者のグラビガは、やはり移動面で有利。逆に、戦闘中はそれほど脅威にはならないので、移動前を狙って倒すようにできたら良いのではと思いました。


60制限メリファト山地

18VS18
敵軍:白白赤赤黒学
自軍:白赤黒 自分は青/ナで参加。
サポジョブ含めて、両軍合計でサイスラ10本(゜∀。)

とりあえずヘラルドの修正は来年の必須事項でしょうwちゃんと振り分けてくださいね^^

後衛の数の差で敗色濃厚かな?と思っていましたが、始まってみるとそうでもない感じ。
サイスラで即死のため、敵の回復があまり機能していない模様。当然こちらもw

1セット目
僅差で敗北。もう少し落ち着いて戦えれば勝てたかも?終了間際にGBがくるも、時間切れ。

2セット目
1点差で勝利。2セット目最後のルークが敵側に沸いたが、即決で全員で乱戦に持ち込めたのが良かった。1点差でギリギリ勝利。

3セット目
比較的有利に進めるものの、22時前くらいで大量にGBを謙譲。全員で敵側ルークに飛び込もうということになり、ルークを使用不能にして勝利。魔法セットにねじ込んでおいた範囲魔法をルーク妨害に役立てることができて良かった。

全体的に声が良く出ていて、進退をスムーズに行えたのが勝因でしょうか。2セット目、3セット目のように、作戦がバッチリと決まって勝利できるととてもうれしい。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。