FF11 Cerberusサーバー(蹴鯖)のバリスタに関する日記。ゴールデンタイムで1チーム12〜20人程度で開催されています。記事の内容は、特に記載がない場合は60制限で上記の人数程度についてのものです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2/3 60制限パシュハウ沼
いわゆる早朝バリスタデー。
森は寝過ごしたので、沼から参加してきました。

14VS14 自分は青/ナで参加。
編成は大体均等。敵軍はタルタル大目でコルセアを有する。

序盤からやや自軍優勢。
ルークの取り合いで勝利するが、いまいち点差が広がらず。
終始リードでこちらが玉を溜め込めない上に、敵軍のカオスロール+狩のサイスラでピンポイントでGBを謙譲しているため。

自軍リードでラストルークを迎えるも、敵に有利な位置にわき、点差を詰められる。
何とか1つのルークを確保するも、自軍の点が伸びず。
保有のペトラ差で逆転。1点差で敗北。
最後に自軍ルークに妨害にきた敵の範囲もちの人達はなかなかしぶとく上手かった。

終始リードしていると、最後に逆転負けというパターンはかなり多い。
押せる展開であっても、無理に突貫せずに引きながら自ルークに誘い込むのが勝ってるときの戦い方としては良いと思っています。


続いて、60制限メリファト山地

16vs16
こちらも大体均等、敵に黒、自軍に詩人。
前線構築が上手い系の人が敵に多かったので、苦戦の予感。

1セット目は、敵がPTを組み終わる前に奇襲を仕掛けて優位に立つ。
立て直したあとは敵軍に分があったものの、何とか序盤の貯金を守り1セット先取。

2,3セット目は逆に単騎の力に勝る敵軍が乱戦を仕掛けてきて、力負け。
移動も敵の方がすばやく敗北。

蹴鯖では珍しい乱戦大目の展開でしたが、両軍とも明確な狙いのある乱戦だったので面白かった。
特に奇襲は提案するのは難しいけど、決まるとかなり気持ちいいです。
個人的には、学者の範囲インビジをアラにかけて奇襲とかやってみたいですwと妄想。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんちは。結構みてます〜
範囲インビジやりたいですね。
何回か学者のひとに提案したことあったけど、リキャがなかったw
そうそう、リンク張ってもいいでしょうか?
2008/02/04(月) 22:07:00 | URL | 臼い #-[ 編集]
お返事遅くなりました
リンクは御自由にどうぞー。
お互い更新の励みになると良いですねlol。
2008/02/15(金) 20:15:02 | URL | Wittmann #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。