FF11 Cerberusサーバー(蹴鯖)のバリスタに関する日記。ゴールデンタイムで1チーム12〜20人程度で開催されています。記事の内容は、特に記載がない場合は60制限で上記の人数程度についてのものです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2/23 60制限バリスタ
休日のバリスタ3連戦。

勝敗を分ける要因って、試合ごとに異なりますね。
そのあたりを見極めて、柔軟に動きたいものです。
60制限ジャグナー森林

15VS15(くらい?) 自分は青/ナで参加。

GBゲッターの精度が勝敗を分けた試合だったでしょうか?
衝突のたびにGB数の上回る自軍が終始リードして逃げ切り。
ペトラと薬品差で終盤詰め寄られるも、全員で自ルークに引いて勝利。

自分は前線でウロウロしつつ、2-3人のタゲを集めていたら、勝手にGBが舞い込んでくるという感じでした。ひさしぶりに得点王もゲット。


60制限パシュハウ沼

15VS15(くらい?) 自分は青/ナで参加。

整列時になんとなく勝敗が分かってしまうような、中の人の偏り。
案の定すべての面で圧倒して勝利。

両軍コルセアと複数の狩人を有する即死編成だったこともあり、自分は不用意に前に出て倒されてしまうことが多かった。
ちょっと雑になりすぎたので反省。


60制限メリファト山地

18VS18 自分は青/ナで参加。

敵は黒2に対して、自軍は黒1。
自軍は詩人を有するものの、何故かこの外人さん一切味方歌を歌わないwwww
何かのポリシー?それとも素で忘れてる?
3セット目に、しつこくリクエストしてみたらようやく歌ってくれました。


1セット目
自軍リードのまま最終ルーク。
敵にGBをとられてルーク前の乱戦に持ち込まれてしまうが、なんとか妨害成功で勝利。
敵の黒2にルーク前を焼かれて、半壊気味で危なかった。

山はルーク戦が多かろうと思って、前もってセットしておいたバトルダンスが妨害に役立ってくれました。


2セット目
1セット目は回復が足りていないようだったので、バミクロに着替えて回復メインで行くことに。
敵陣深くに突っ込んでくれるモンク2名をメインにマジックフルーツで燃料注入。
黒のガに対していやしの風連打。
衝突時間が長引くにつれ回復の差が出て、敵陣が目に見えてバラけていく感じになり、孤立した人をサクッと屠ってGBゲット。
やはり回復は基本にして偉大です。


3セット目
2セット目を同じような展開。モンクの突貫が冴えて回復のやりがいがあります。
自軍リードで迎えたラストルークは、自軍の真後ろに沸いてチェックメイト。
攻めてくるしかない敵軍を待ち、温存していた召喚師のアストラルフロウで迎撃して終了。

4-0 今日は快勝でした。






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。