FF11 Cerberusサーバー(蹴鯖)のバリスタに関する日記。ゴールデンタイムで1チーム12〜20人程度で開催されています。記事の内容は、特に記載がない場合は60制限で上記の人数程度についてのものです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青魔導師のサポについて
今回は、バリスタにおける青魔導師のサポジョブについて考察したいと思います。
メインの稿でもふれましたが、青魔導師はメインの能力で一通りのことができる性能を持っています。したがって、サポジョブは編成や戦術、自分のやりたいことに合わせて選択すれば良いでしょう。
SJ忍者
レベリングなどでも最も多く見られる青魔導師のサポです。
空蝉の術で防御を堅め、二刀流で切り込みつつ要所で青魔法を使用するバランス型スタイルです。弱点は、アラを切らないスタイルの蹴鯖などではガ系による分身の消費が激しく、結果として守備が手薄になってしまうのが難点です。

SJ戦士
青魔法(魔法系、物理系共に)は武器の攻撃力に依存しないので、ディフェンダー中でも物理青魔法の攻撃力を犠牲にしないで済みます。コクーン、防御食との併用により、かなりの防御力が期待できます。一方、相手の魔法に関しては全くの無力なので、弱体魔法、アスピルをてんこ盛りにされて放置される危険性もあります。

SJシーフ
物理回避アップが2段階つきます。青が装備できる回避装備は結構あるので回避に特化すればかなり避けると思われます。「不意打ち」を併用した物理青魔法はかなりの威力が期待できますが、うまく当てるには工夫が必要でしょう。

SJ赤魔導師
ファストキャストが一段階つくので、魔法の射程距離に関する問題が少しだけ緩和されます。また、素で回復スキルを持っているため「いやしの風」や「マジックフルーツ」の回復量が大きく上がります。強化魔法もいくらかサポで使用できますが、防御面での不安は残ります。後衛的な動きをしたい場合にオススメです。

SJナイト
自分が好んで使うサポの一つです。ジョブ特性の防御アップおよびレジストスリープは、バリスタにおける青魔導師の特性にとてもマッチします。素で回復スキルを持つため、回復系青魔法も強力になります。プチ剛体ともいわれる「センチネル」は様々な局面で役に立つでしょう。ただし敵の魔導師に対しては良いカモになってしまうかもしれません。

SJ暗黒騎士
ほとんどのジョブ特性、魔法ともに青魔導師にとっては有益ではありません。ただ一点、/ja暗黒は物理青魔法に乗るので(サポでは威力は抑えられますが)、足止めからメッタ打ちやクローサイクロンなどと併用してみると強力なGBゲッターになれるかもしれません。自分は使用したことがありませんが、今後試してみたいと思っています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。