FF11 Cerberusサーバー(蹴鯖)のバリスタに関する日記。ゴールデンタイムで1チーム12〜20人程度で開催されています。記事の内容は、特に記載がない場合は60制限で上記の人数程度についてのものです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「しらべる」
「しらべる」
調べた相手のペトラ数、GB状況が分かります。
バリスタにおける基本にして至高のテクニックです。
特に乱戦時などは、GBや玉をため込んでいる人を狙うことによって、(キーボードを打てなくても)自然にタゲが合ってきますし、相手の得点源を断つことができます。

まあ言うまでもありませんね。
今日はそんなことはどうでもいいのです。
相手を「しらべる」のは当然のことです。
今日は、味方に対してもどんどん「しらべる」しましょうという話です。
特に後衛の人向けの記事です。

HPの減った味方すべてを回復できるのは後衛の理想です。
しかしMPは有限であり、時として後衛は「誰を優先して回復するか?」という選択を迫られることになります(特に乱戦時)。
ここまで書いた時点で、結論は出ていますが、要は味方をこまめに調べて、ペトラ、GBもちを優先的に守りましょうということです。(当然、一つの指標というだけでそれ以外には回復を飛ばす必要が無いってことじゃないですよ)

例えば、撤退時に最後尾2名が敵に捕まって、どちらか一方しか救えない場合。
当然優先で回復を飛ばすのは、玉をしっかりため込んでいる方ですね。

もう一つ例を挙げると、
敵2名くらいに追われている味方の白魔がいた場合。
調べてみて、☆GB10とかなら回復を集中する価値アリです。
逆に玉0でMPも枯れているようなら、「遠くで死んでMP回復よろ^^」って感じです。この場合、回復を飛ばすことは自軍にとってプラスになるどころか、マイナスにもなりうるってことですね。

重ねて言いますが、回復のたびいちいち調べていたら回復が遅れるので、これは指標の一つってだけです。臨機応変に行きましょう。




まあ何が言いたいかというと、





味方の私が見つめてきても、別にガンとばしてるわけじゃないですよww



petra.jpg


しっかりしらべましょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
「しらべちゃった」
この前敵チームの人に「調べないでください」とシャウトで言われましたw

それはともかく、(点数もちな人)調べるとかなりの
プレッシャーを与えてる見たいです。

なにガンとばしてんだよ〜てめぇ〜って感じかな?w
2008/04/05(土) 23:08:15 | URL | しょっぱいたる #SFo5/nok[ 編集]
しょっぱいたる様
味方ならともかく、敵チームに見つめるなって言われてもwネタであることを祈りますw。
最近の蹴鯖では、リードしているチームが、相手の負け掘りを防ぐために乱戦を仕掛けるケースが増えている感じです。上手い人はやっぱり確実に玉もちを狙ってきますねぇ。
2008/04/07(月) 09:07:42 | URL | Wittmann #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。