FF11 Cerberusサーバー(蹴鯖)のバリスタに関する日記。ゴールデンタイムで1チーム12〜20人程度で開催されています。記事の内容は、特に記載がない場合は60制限で上記の人数程度についてのものです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
データに基づいて「負け堀り」を考える
負けている側が、ペトラ堀りに集中して薬品と持ちペトラ数で
逆転を狙う、いわゆる「負け堀り戦術」に関する議論が活発に
行われてる様です。


点数で負けているチームは、堀りによるペトラの発掘率が上がります。
また、薬品も良い物が掘れるようになります。
点差が開けはさらにその度合いは顕著になります)
これは体感でも分かるような明らかなことです。
では、どのくらいか?
負け堀りがどのくらい有効であるか?
これは体感で議論しても結論はでないわけです。

そういうわけで、今日は堀りに関するデータを取ってみました。

かなりヘビーです。覚悟してくださいw
データと言うからには、なるべく多くの試行回数を取りたかったのですが、
そうもいかないのでご勘弁を。
気が向いたらデータを追加するかもしれないです。

6/5森の堀りデータ
シーソーゲームで、点差は終始30点以内くらいでした。
いわゆる「微勝ち」「微負け」のどちらかの状態ですね。
このくらいで堀りにどのくらいの差が出るのでしょうか?

自分はナ/青で参加。
前線がキツイ感じだったので、抜刀している時間が多く、
堀り回数はかなり少なくなっています。
堀り時のステータス状態に依存するやまびこ薬や毒薬は、
本当はカウントしないほうが良いのかもしれません。
それから、基本的に堀りはルークから離れた位置で行っていると
考えてもらって結構です(多少の例外はありますが)。


点差:同点時(堀り回数26回)
ペトラ11
何も掘れなかった1
神気香1
マキシポーション1
プロエーテル1
ペトライーター1
レーテ水1
レーテ水+1 1
カトリコン1
エクスポーション1
万能薬1
ハイエーテル1
やまびこ薬1
毒3

点差:勝ち時(堀り回数31回)
ペトラ6
何も掘れなかった9
剛体香
ヒールパウダー
マナパウダー
プロエーテル
ハイエーテル2
スーパーエーテル
毒3
目薬1
ハイポーション
万能薬2
軟膏2


点差:負け時(23回)
ペトラ8
何も掘れなかった1
技能の薬1
剛体香2
ヒールパウダー1
パママオレ1
スーパーエーテル1
エクスポーション2
やまびこ薬3
軟膏2
毒薬1

さて、このくらいの点差、試行回数だと堀れる薬品の種類の優劣は、
あまり顕著でないように見えます。
しかし、大きな差が出ている項目もあります。
それは「何も掘れなかった」の数です。
微勝ちの状態では、約3割もの堀りが無駄になっていることが分かります。
引き分けや、負け状態では、殆ど何も掘れないことはありませんでした。

堀り回数に対しての、ペトラの割合は、

同点時:11/26(42%)
負け時:8/23(34%)
勝ち時:6/31(19%)


堀り回数に対しての、「何も掘れなかった」の割合は、

同点時:1/26(4%)
負け時:1/23(4%)
勝ち時:9/31(29%)



続いて別の試合の堀りデータです。

6/17日森の堀りデータ
微負け状態で負け堀りを長く続けた試合です。上と同じくナ/青で参加。
自軍は常に1-40点くらいのビハインドを維持して18時以降に一気に逆転しました。
この試合では、終始負け堀りを続けた自軍が18時の時点で、
自分を含め、14人中8人もが体力(巨人)の薬服用状態に
なっていたのが印象的でした。


同点時(堀り回数22回)
ペトラ8
何も掘れなかった3
剛体香1
マキシポーション1
ペトライーター1
カトリコン1
カトリコン+1 1
軟膏2
デモラライザー1
デモラライザー+1 1
やまびこ薬2


点差:負け時(堀り回数63回、1-40点負け時)
ペトラ17
何も掘れなかった4
体力の薬1
プロエーテル2
マキシポーション2
エリクサー1
ハイエリクサー1
技能の薬1
ダイダロスウィング1
マナパウダー1
目薬2
スーパーエーテル1
プリズムパウダー1
デモラライザー+1 3
万能薬4
カトリコン1
トマトジュース1
メロンジュース1
ペトライーター1
エクスポーション1
軟膏7
パママオレ1
毒薬5
やまびこ薬2


点差:勝ち時(20回、40-80点くらい勝ち時)
ペトラ2
何も掘れなかった4
剛体香1
レーテー水1
カトリコン+1 1
ハイエーテル2
万能薬1
エクスポーション2
メロンジュース1
ハイポーション1
軟膏2
毒薬2

堀り回数に対しての、ペトラの割合は、

同点時:8/22(36%)
負け時:17/63(27%)
勝ち時:2/10(10%)



堀り回数に対しての、「何も掘れなかった」の割合は、

同点時:3/22(14%)
負け時:4/63(6%)
勝ち時:4/20(20%)



勝ち時にも4回ほど「何も掘れなかった」ことがありますが、
いずれも点差が10点以内の時でした。以外に細かく点差によって
堀りの結果に補正がかかるようです。
ペトラの発掘率にも、かなりの差が見られます。
上記2試合で、同点時にペトラが掘れている確率が最も高いのは、
戦闘中は、毒薬や、静寂時にやまびこ薬が掘れたり、ルーク付近で掘る場合が含まれる
から相対的にそのように見えるのでしょう。


さて、上記2試合の堀り結果から何が言えるでしょうか?
いずれ、大勝ち、大負け時のデータも取ってみようとは思いますが、
微差でもそれなりに差が出ているのが分かります。
微差での負け掘りが戦術上、有効かどうかは残り時間や、編成、士気にもよるでしょう。



以下、上記データと体感も含めて、堀りの補正がどのようになっているのか、
自分が考えている仮説(妄想?)を書いてみたいと思います。

①点差に関わらず、掘れる薬品の優劣は基本的に変化しない。
②ただし、1点でも負けていると、特定アイテム(技能や体力、魔力の薬)が
 掘れるフラグが立つ。
③特定アイテムの掘れる確率は自分の死亡回数によっても加算される。
④点差が勝ち状態だと、点差に応じてペトラが掘れる確率が減少する。
⑤点差が勝ち状態だと、点差に応じて何も掘れない確率が増える。
⑥点差が負け状態だと、点差に応じてペトラが掘れる確率が増加する。
⑦点差が負け状態だと、点差に応じて何も掘れない確率が減少する。

「負け堀り」の実体はおおよそこのようなものでしょう。
「何も掘れない」やペトラの掘れる確率の増減量については不明です。
「3点ごとに1%変動」といったように、細かい補正がついている可能性もあります。
このあたりは良いデータがとれたら、また考えてみたいと思います。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
データ大変参考になります。ご苦労様ですw
おいらの動画を見ているのなら分かると思うんですが、ペトラをいっぱい掘るにはコツがあるんです。
一度ペトラを掘れた場所なら移動せずにその場で掘るとまれに1〜4個ほど連続で掘れる場合があります。
なぜ遠隔攻撃メインのジョブや後衛に得点王が多いのか上記のような事をそのジョブの方がやっていると思われます。

最後はネタ的予想なんですが、なぜ連続でペトラを掘れるかというと・・・・・その場で死んだプレイヤーのペトラを拾っているに違いないからだ!!!

と自分的に思っておりますwww
2008/06/26(木) 02:05:03 | URL | Nirvana #-[ 編集]
得点王候補の○○さんや、××さんをぬっころして、死体の上で掘ればいいんですね。わかります^^

「壁際だと良く掘れる」みたいなことを言ってた人もいましたねぇ(本当かどうか分かりませんがw)。
堀りには謎が多いので、個人的なこだわりでも何でも、情報を集めていきたいところです。
2008/06/26(木) 15:23:34 | URL | Wittmann #-[ 編集]
貴重な情報ありがとうございます。
仮説を見て、
「ああ、みんなもこんな感じで考えているのか」
と思ってしまいました。

仮説付け加えで
・ルーク近くだとペトラは掘れにくい。
・ただし1個目のペトラは勝っていても、
ルークの近くでも掘れやすい。
・ジョブによってアイテムの掘れる物の確率が違う。

ってのが私の中でもんもんとしております(笑)

負け堀り戦術はまだまだ改善の余地がありそうですね(^-^
2008/06/26(木) 16:10:26 | URL | しおたる #SFo5/nok[ 編集]
持ちペトラ数と、ペトラが掘れる確率は少し関係がありそうですねぇ。
リードしていても、1-2個くらいまでならすぐに掘れるとするならば、負け堀り打破には細かく点を入れていくのが良いのかもしれないですね。
5点シュートばかり狙っているから「リード時はペトラが掘れない」と思いこんでしまっているのかもしれません。

ジョブごとの掘れる薬品の違いは、召喚の技能の薬などが顕著ですね。他に極端な例があるかは分からないですw

メイン/サポともにMP無しのジョブだとエーテル系が掘れないというのもありますね。
サポナイトなどは、前線ジョブにとっては良い防御サポなのですが、エーテルが掘れてしまうので、堀りの観点から見ると少し損しているのかもしれないですね。

2008/06/26(木) 16:45:22 | URL | Wittmann #-[ 編集]
ちょっと覘いて見たらわたしも最近しようとしていた事をしている方がw
チラっと見ただけですが、負けている時にアイテムやペトラが掘れる確立があがるとはわたしも思っています。
しかしながら、わざわざ1点差負けの状況を作ってGBでペトラがあるのに入れるなと言うのには意味がないと思っておりますw
この問題は1人で行うのは大変なので協力してやれたらと思います。(わたしはバリスタ前にLSで一緒に調べない?と前に聞いた事ありますw)
では。またバリスタで〜
2008/06/28(土) 11:55:43 | URL | amey #-[ 編集]
1点差なら普通に「何も掘れない」こともあるし、ペトラの掘れる確率も殆ど変わってないようなので、ペトラ数に関してはAmeyさんが言うように気にする必要は無いと私も思います。
ただ、1点差でも「体力の薬」の掘れるフラグが立つのなら(仮説ですが)、十分に掘る意味はあると思います。
実際、6月17日の試合では、負けていたチームの14人中8人が、体力の薬状態になっています(体力の薬の発掘条件ついては、もう少し調査したいところですが)。
「逆転のシュートをするな」とは言えませんが、GBの継続時間の7分をフルに使って、その間他のPTにもGBが行き渡るようにトスに徹するというのが最良の落としどころかなと思っています。

ではでは、
/ma フラッシュ Amey




2008/06/28(土) 14:14:51 | URL | Wittmann #-[ 編集]
どうも、いつもお世話になっております。検証ご苦労様です。参考にさせていただきたいと思います。

個人的には負け掘りは非常に重要だと思っています。体力や技能の掘れ率の変化を感じた経験はないですが、過去高得点を記録した試合は「ずっと負けていて、最後に逆転した」というパターンが多いためです。

ただし、「負け掘りを相手にさせないために、勝ってる方が無理してでも攻め込む(無理はしていないという反論はあるでしょうが、その結果自軍が掘る時間を作れないで逆転される試合を何度も見たり聞いたりしてきたので)」とか、「負け掘りをするために味方がGBでも勝ち越させないようにする(GBでも戦闘を継続して、結果倒されては本末転倒と思います)」ような発想に共感できないので、負け掘りについてはあえて消極的なスタンスを取っています。「負けてるときは普段より頑張って掘る」程度のことしか考えてません。

実力はほぼ互角だけど、常に30点差でリードされ続けているような試合が理想ではあるのですがw
2008/07/02(水) 01:11:39 | URL | Hesler #kZjDJYHw[ 編集]
今回の記事は色々と反響があるようで、苦労してデータをとったかいがありますw。

細かい話になってくると、想定している条件によって結論が変わってくると思うのでざっくりとした意見になりますが、勝ってる側の攻めが失敗するのは、
?相手が守るルークに正面から無策、半端に攻めて撃退される。
?相手のペトラ持ちチェック、潰し、シュート妨害が甘い。
といったところに原因があると思います。この2つを改善できそうにないなら、リードしている側も、徹底的に守りを固めるのが無難かと考えています。

まぁ、攻めるにせよ守るにせよ、点を入れるにせよ、入れないにせよ、チームで方針を決めながら纏まった行動をとることが、何より大事なのでしょうね。

良い判断基準となるようなデータなど、今後も可能な限り収集していきたいと思っています。
2008/07/03(木) 00:42:19 | URL | Wittmann #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。