FF11 Cerberusサーバー(蹴鯖)のバリスタに関する日記。ゴールデンタイムで1チーム12〜20人程度で開催されています。記事の内容は、特に記載がない場合は60制限で上記の人数程度についてのものです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9/8 バリスタ60制限沼山
沼と山の2戦をしましたが、どちらも試合内容が濃く楽しめました。
どちらも紙一重で勝てたから、そのように感じたところもありますが・・w

60制限パシュハウ沼
8vs8
敵軍に赤、狩が一人多く、自軍に侍、青が一人多い編成。
他は大体同じ。自分はナ/忍で参加。

このくらいの人数の試合だと、必ず乱戦になります。前衛のタフネスがアタッカーのタゲ集中による殲滅力を上回ってくるからです。
同じバリスタでも大人数戦とは異なる意識や、動きが必要となってきます。
この試合では、移転の方々の動きがとても良いように見えました。少人数戦に慣れているようで、敵のペトラGB持ち報告>グラビデ&タゲ集中の一連の流れが非常にスムーズに決まっていました。
終始自軍がリードしていたため、敵の赤やナに堀り固められ23時過ぎに痛恨の逆転を許してしまったものの、23:45分過ぎにギリギリ再逆転で136vs134で勝利。
自分は32得点の1死。ナイト狙われない、狙われにくいw

60制限メリファト山地
11vs11
自軍:赤黒黒狩狩白
敵軍:赤赤黒学狩白 自分はナ/青で参加

若干敵軍の方が攻守のバランスが良い編成だったでしょうか。
接近して学を抑えたい反面、自軍は黒狩が多く乱戦が苦手な感じなのが難しいところでした。
1セット目
良く戦ったものの、ルークでの乱戦に持ち込まれ、キャスターを多く有する敵の妨害力が強く負け。
2セット目
同じくルーク乱戦に持ち込まれ劣勢。終了間際にPT解散によるシュートが成功してなんとか引き分けに。
3セット目
長時間の乱戦を避け、位置取りを厳密にしてアウトレンジ的に戦ってみる。
1, 2セット目の乱戦のイメージが焼きついている人が敵軍に多かったのか、敵軍の戦線がばらけ気味になり、今度は攻撃の瞬発力に勝る自軍の勝利。得点王もついて2-1の大逆転。
1, 2戦の経験をもとに、アラの動きを微調整して上手く勝利できたゲームでした。意見を出し合ってくれる人が多いと勝利に近づけるし、何より気持ちよくプレイできますね。

ナ/青は、妨害力に優れる反面、殴りの火力はナ/忍に比べて格段に落ちます(TP速度含めて)。自軍はキャスターが少なめだったので、自分はもっとルークにベタづけで、妨害に特化したほうがも良かったかもしれませんでした。

いよいよレベルシンクの適用が始まります。バリスタ終了にならないことを切に望みますw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんわ。

その日の沼は個人的にアツイ試合でした。
少人数になると個人のプレイスキルが多大に影響するから面白いですね。

山の話ですが、2ラウンド目終盤PT解散してたのかwどうりでポコポコ入れられてたわけネ・・・・。
3ラウンド目はこっちのタゲがあわなくて落とせずに瀕死で逃がすとかありました。
妨害も中途半端な人数でしか妨害せず、その人達がボコられる結果にw

まぁ個人的に乱戦が好きなんで、こういう試合が増えるともえますね。
2008/09/10(水) 19:14:23 | URL | Nirvana #-[ 編集]
この日は沼、山ともに良い試合でしたね。
沼は少人数のわりにかなり楽しめ、乱戦の良い練習にもなりました。戦闘面では自軍が優勢でしたが、ペトラ差による逆転のプレッシャーはかなりキツかったです。あと1ルークあれば負けてたと思いますw

山は3ラウンド目に、そちらが自滅した感じでしたねw攻めるにせよ引くにせよ、行動の意思を宣言してまとまって動くことは、やはり重要ですね。移転や新規の方も増えそうですし。
2008/09/10(水) 22:30:00 | URL | Wittmann #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。