FF11 Cerberusサーバー(蹴鯖)のバリスタに関する日記。ゴールデンタイムで1チーム12〜20人程度で開催されています。記事の内容は、特に記載がない場合は60制限で上記の人数程度についてのものです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バリスタ青魔法12 「ガイストウォール」
第12回「ガイストウォール」

魔法系青魔法
消費MP 35
詠唱 3秒
最詠唱 30秒
射程 6.5Ym
セットポイント 3

魔法系放射魔法(自己中心範囲)

範囲にディスペル効果をもたらす魔法。分身貫通だが、分身の消費は無し。
敵のPT、アラ編成無関係にヒットする。

他ジョブの期待度が高い割には使いどころが難しい魔法の一つと言えるでしょう。
他の魔法系青魔法の例に漏れず、以下のような欠点があります。

①詠唱時間の長さに対して射程が非常に短いため、発動させるのがそもそも難しい。
(ログを見てから余裕で逃げられる。動いている相手に当てるのはほぼ無理)

②範囲が狭いため複数人を巻き込みにくい
ガ系魔法より狭い

また、センチネルや剛体などをピンポイントで消すのも難しいでしょう。

複数人を巻き込みつつ体力の薬やプロシェルを消して、敵チーム全体の弱体を狙うのが主な使い道でしょう。個人的な使用感としては、キャラが密集しやすく持久戦になりがちな森では有効に使える魔法です。逆に、キャラが散開しやすい沼や、弱体効果が現れてくる前にラウンドが終了してしまう山では使いにくい。

使いたい!と思った試合では魔法をセットしておらず、セットしていたときには使いどころが全く無かったりwという意味でも難しい魔法です。戦況に応じて入れ替える候補魔法、マクロを前もって準備しておくのも良いでしょう。

敵の密集地帯に突っ込み、あまり動き回らない後衛をターゲットにすると発動させやすいです。複数人を巻き込んで強化を消して回れば、かなり戦況に影響を与えていると言えるでしょう。ただし作業や効果はすごく地味。たぶん味方からも貢献度が理解されないwやはり玄人好みの難しい魔法。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。